下北のうさぎ♪

都内在住、受験勉強を全くせずに撮り鉄をして、
見事有名大学にストレートで合格した現役大学生です。
沸点の低いクソガキですので、接近注意です。
勝手気ままな更新ですが、どうぞ宜しくお付き合い下さい。

2015年09月

朝、北斗星やカシオペアを迎え撃つと、夕方の撮影までの時間の使いように困る。
ある日は東室蘭のネットカフェで寝たり、ある日は、用も無いのに特急に乗って札幌に行ったりと、睡眠で暇を解消することが数回あった。
だが大人の方と車で来ているときは、日課のように貨物駅の陣屋町(室蘭港)へ行き、時間を潰していた。

陣屋町では、今年3月のダイヤ改正で引退となった711系や、役目を終えたJR北海道所有の24系が解体待ちをしている。

ここで、7月中旬に訪れたときの状況を簡易的に報告したい。
00000009
711系S-106編成と、S-111編成、24系(詳細不明)の姿もあった。
手前の711系は色褪せているのがわかる。

00000013
側面から撮ると色褪せ具合が余計目立つ。
00000012
エンブレムが剥がされていた。、こんな姿はあまり見たくなかった。
00000015
ちょい歩くと、国鉄色もいた。どうやら解体中のようだ。
00000016
かわいそうに。。。
00000018
火花散ってる。痛そう。。。
00000022
解体職人はシャッターを切っている私たちに目もくれず黙々と職務を全うしていた。
00000023
JR北海道さんお金無いんだから、このドアを売って少しでも金にすればいいのに。。。
00000025
大型重機も稼動してた。
00000026
解体部品も山積みにされていて、欲しいのばかりだった。
00000027
現役時代は乗降口となっていた場所が裏返しで置いてあったので最初なにかと思った。
00000019
このように、7月中旬訪れたとき、全ての24系と一部の711系の解体には着手されていなかった。

せっかく晴れたものの、構図をミスったのでブログに載せようか迷ったが、せっかくなので載せようと思う。
実は7月の中旬の黄金でキャパがなくて手持ちで撮った。
北斗星 黄金圧縮

SLのような爆煙で、大きな警笛とともに通過した。
北斗星 黄金
もうひとつ前のコマが一番良かったが、ケツを切ってしまいボツになった。
あれだけ今まで手持ちやってきてケツを切ってしまうという失態はあまりなかったが、こういう大事なときに馬鹿をしでかしてしまった。
あーーー何をやってるんだか。
これがきまっていたら北斗星で一番のお気に入りカットになったことだろう。

その後、明朝まで東室蘭で野宿したが全く寝付けなかった。
野宿中、親切なおばさんがジュースをくれたのは忘れられない思い出だ。

前日、津軽宮田~油川の西田沢ストレートにて晴れに限りなく近い薄晴れはまなすを撮ったが納得がいかず、2日連続で同じ場所でお世話になった。
はまなす 白なす 津軽宮田~油川

昨日のED79-4牽引よりもヘッドマークの影がよりくっきり出ていて、バリ晴れで回収できた。
ただし4分ほど早通したため次のコマには木の影がモロ掛かってしまい、置きピンも前日より若干甘かった。

ヘッドマークが白い「しろなす」と普通のヘッドマークの「はまなす」のどちらが好みかと聞かれれば、その答えに迷うが、レア度を考えると私は「しろなす」が好きだ。
皆さんはどちらが好みでしょうか?

夏は道南に通ってしまい、「はまなす」のまともな走行写真がなく、「1枚でいいから晴れカットがほしい」と前々から切望していた。
はまなす 津軽宮田~油川

津軽海峡線の中小国周辺は有名なポイントが多いが、今の時期は露出の関係上、撮影不可能なため、終着青森に近い場所での撮影が必要なわけだ。目星をつけていた津軽宮田~油川は予想通り、多くの人で溢れかえっていた。

アングル内にポールが写り込むのはもう仕方がない。ポールに客車後部を引っ掛けたくなかったため微調整を繰り返した。

全開露出を確約されていた予報に反して薄晴れで通過した。晴れと言えば晴れだが、私はこれを晴れと認めないため再履修を決行する。

北斗星が消え、はまなすの廃止報道が出たと思いきや、カシオペアも引退が決まった。
残念極まりないが最初からわかっていたことなので特に驚きもしなかった。

大して速くもなく、誰が得する訳でもない新幹線をつくり何がしたいのかよくわからないが、いまさら何を言っても、何をしても遅い。
カシオペア 稀府北舟岡
連日黄金の人気ぶりは絶えないようで高級三脚の盗難騒ぎもあったようだ。

某ブログで撮影場所を伏せて、「黄金よりもゴールドな撮影地」として紹介されていた場所の見当はついたものの7月下旬ではもう露出が持たないことが判明。その素晴らしい絵に感動したがそこでの撮影は諦めた。

そこで、知り合いのP様に「どっか黄金以外でいいところないですかね~」と質問したら、黄金からそう遠くないところで7月下旬でも撮れる「黄金よりもゴールドな撮影地」があると教えてくれた。

当初P様と道内で合流予定はなかったが、親切心で拾って頂き本当にありがたかった。
その後P様のお仲間さんも集結し、黄金がパニってる中、まったり撮影できた。

北斗星 有珠~長和カーブ
この日は知り合いの大人の方3名に便乗させて頂いた。

大沼で撮影後、高速道路から天気を確認し「どこで撮っても同じ」という話になり、上りの撮影地、黄金に置きゲバをする都合上、有珠~長和で迎撃した。

ここは側面が黒くなってしまうので曇天向きだが、通過数分前から晴れてしまいなんとも言えない感じだった。
思い返してみると、インカーブのDD51北斗星は1枚もないのでこれはこれで良かったのかなぁと自己満足している。北斗星を撮るのに400mmも使ったことはなかったので良い記念にもなった。

告知!!
そろそろ北斗星関連記事も終わります。。。

国会前では安保法案への反対デモが行われており、それを見て私も北斗星の復活を強くJRに求めるデモをやりたくなってきた。
という冗談話はさておき。。。
北斗星 白坂~豊原インカーブ

「師匠お呼び」で、宇都宮以北で撮影した未公開写真が出てきたので掲載する。
晴れを望んでいたが、薄雲が噛んでしまった。

北斗星が見えた瞬間の釜の汚さにはびっくりした。

LSE 小田急永山バルブ

山陰トワイライト以降2週間近く撮影をしていなかったため、そう先も長くないであろうLSE7000形をバルブした。
LSE到着時刻が20:45、手前の新百合ヶ丘行きが20:45と高確率で被るが、ギリギリ被りを回避できた。
とにかくLSEが少しでも遅れるとアウトなのだ。

この「ホームウェイ73号」の前展望は結構人気があるみたいで空席照会すると意外にも最前列は空いていないことが多いというどうでもいいお話でした。。。

臨時あけぼの終了後、長らく青森で除籍された状態で留置が続いていた、元あけぼの編成の一部が先月末長野に廃車回送された。7月の青森車両センター公開では583系などと並ぶなど、しばらく安泰かと思われただけに残念である。
AA5T2925
定期あけぼの時代は、木があまり伸びていなかったので後部まで写ったみたいだが、それを知らずに行ってしまい少々がっかり。。。でも晴れてくれたので満足。
24系 廃車回送ヤギシブ
急いで追っかけをして渋川近辺でもう一発81を。
24系 廃車回送 神保原~新町
さらに追っかけて、神保原近辺でも回収。
その後本庄近辺や、宮原駅、西浦和駅などで迎撃し、64区間は数で勝負した、
いずれにしろ、81、64両区間とも撮れて満足している。

師匠、運転ありがとうございました。

山陰トワイライト 
山陰本線 黄波戸~長門市

2日目も天気は最悪でした。

ここでは、列車両側面を表現したかったので、立ち位置はギリギリまで決まらず、微調整を繰り返し、ほぼ思い通りの構図で仕留められた。
編成がもう少し長ければよかったが、そこは「特別」なトワイライトってことで。。。

以上で山陰トワイライト関連記事は終了です。

このページのトップヘ